· 

高校生インターンシップの気づき

高校生インターンシップ事業の気づきとして

 

この夏は高校5校、生徒100名のインターンシップに関わりました。

事前学習で生徒さんへのインターンシップへの参加意識をあげ、目標を明確にしました。

 インターンシップの内容は企業さんと相談し設計したもの、また経験の多い企業はいろいろ考えしんどい体験だけではなく何かをやりきった体験ができるようになどの工夫をして下さいました。

 

関わるコーディネーターとして、生徒の成長が何より嬉しいのですが、

企業の担当社員から「この子覚えるのホンマはやいわ〜」「手先が器用やわ〜」っと生徒に言っているのを聞きました。

その生徒はコミニュケーション障害を治したいとインターンシップに参加しました。

その生徒の笑顔を見て、その子がもつ強みや可能性、先生も本人も気づかないキラリと光る何かを気づいた事に喜びを感じました。

 

 「インターンシップ」は本人も知らない自分を知るきっかけになると思います。